ガンダム好き

私は当然ですが見るだけでなく、ガンダムのゲームも好きです。

特にPS3の『機動戦士ガンダム バトルオペレーション』には人生の半分くらい費やしたんじゃないかと思うほどにハマりました。
知らない方のために少し解説しますと、家にいながら連邦軍・ジオンの2チームに分かれ、6VS6の12人でモビルスーツバトルが出来るのです!

正直なところアイテム課金でウン十万突っ込んでます。

それはさておき、プレイするのも楽しいのですが動画を見るのも楽しくてですね。

特にUstreamで何回か放送された開発スタッフとユーザーの戦いはかなり熱いものがあります。
当時生配信された時はUstream録画ソフトを使ってきっちり保存しました。

最近放送されないですが、マメにバンダイナムコゲームス公式チャンネルはチェックしています。

ノリスの中で輝いて

ノリスパッカード大佐をご存知だろうか??

機動戦士ガンダム第08MS小隊に登場するジオン軍士官であります。
主人公シローアマダが乗るEz8と
ノリスが乗るグフカスタムの死闘は凄まじいの一言に尽きます。

正直、この後の訳の分からない展開は要りません。
「震える山」前篇がこの作品のクライマックスといえるでしょう。

地球連邦軍が地球において優勢を極め、
ジオン軍は宇宙へと退避していく中、
ノリスは殿を任され、仲間たちを逃がすため、
一人、戦場に戻っていきます。

ノリスとグフカスタムが並んで歩くシーンは、
FF5のビッグブリッジでのガラフと飛龍を彷彿させますな。

アニメでもゲームでも厄介なガンタンクを護衛する08MS小隊を一人で相手取り、
陸戦型ガンダム二機を手ごまにとります。

その戦闘シーンは、名シーンとしてガンダムファンにも認められていますので、
ぜひ一度見てください。

そして、最期、ノリスはシローとの一騎打ちにて、
目前の勝利ではなく大局の勝利を自分の死と引き換えに勝ち取るのです。

この見せ場はめちゃめちゃカッコイイです。
ガンダムの悪役史上、こんなに見せ場があるのはノリスくらいではないでしょうか。

正直、製作者側も視聴者側もシローよりノリスの方が好きなのでしょうね。

ガンダムブルーレイBOXを買った!!

ついに買っちゃいました。
機動戦士ガンダムブルーレイBOX!!

いやあ我ながら思い切った買い物をしたものです。。。
これは嫁さんには言えませんね。

なんと、オリジナルキャストによる完全新規アフレコという豪華な特典で、
インタビューや設定資料、イラストレーターさんのイラストまで入ってます!!

これはガンダム好きなら本気で永久保存版でございます。

しかも、僕自身、ブルーレイというものをあんまり見たことなかったので、
今、驚いています。

ブルーレイってすごいです。
特にガンダムのようなアニメ作品だとDVDとブルーレイの差がはっきり出ます。

宇宙のシーンなど暗かった場面がとても明るくクリアに見ることができます。
キャラやモビルスーツの線がしっかり見れるので、更なる発見もありますね。

いや、正直、ブルーレイ舐めてました。。。

ブルーレイで一度見てしまうと、DVDには戻れなくなるって以前、友人が言ってましたが、
全くその通りだと思います。

しかもブルーレイなら1920×1080の解像度対応なので、
大きなスクリーンでガンダムを楽しむことが出来ちゃうのです!!

ブルーレイコピーを高画質でやる方法を教えてもらったので、
このBOXは丁寧に保管したいと思います!!

一枚でもディスク無くしたらまずいですし…

なにより、嫁さんに見つかったら…